記事詳細

【松井一郎 維新伝心】早過ぎる翁長県知事の死去…全国の人々が沖縄に寄り添うべき 日本ボクシング連盟刷新にスポーツ庁が乗り込め (1/2ページ)

 沖縄県の翁長雄志知事が8日、亡くなられた。4月に受けた人間ドックで膵(すい)がんが見つかり、手術・闘病しながら、公務も続けておられた。まだ、67歳。あまりにも早過ぎる。心からお悔やみを申し上げたい。

 医療・検査技術の進歩で、最近のがんは早期発見すれば完治するケースが増えている。行政のトップはその職責から、定期的に健康診断や精密検査を受けている。膵がんは自覚症状がほとんどなく、早期発見が難しいと聞くが、よほど体を酷使されていたのではないか。

 翁長氏とは、全国知事会などで何度も同席させていただいた。沖縄県の基地負担の重さについて、真剣に訴えられる姿を見てきた。

 米軍輸送機オスプレイの分散訓練がタブーだった5年前、私は、当時の橋下徹大阪市長とともに、「沖縄の負担を分かち合いたい。大阪の八尾空港を検討のテーブルにあげてほしい」と、安倍晋三首相に申し入れたことがある。

 結果的に実現しなかったが、防衛の問題は日本全体で考えるべきだ。

 翁長氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対されていた。ただ、市街地の真ん中にあり、学校や住宅地が近くにある普天間飛行場の危険は、県民の安全のためにも早期に取り除くべきだ。

関連ニュース