記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】第3軸に浮上「旭日旗絶滅運動」で反日病が相乗的亢進か… 大手コンビニは「愛国優良店」を装う有り様 (1/2ページ)

 韓国にとって毎年8月は「定例の反日月間」だが、今年は反日のトーンが一段と高い。

 それは、(1)政府が光復節(日本からの解放記念日)前日の8月14日を「慰安婦被害者の日」と公式に定めた(2)旭日旗絶滅運動が、慰安婦、戦時徴用と並び「反日の第3軸」として浮上した(3)大手コンビニが反日運動に参加した-ためだ。

 18日からは、インドネシアの首都ジャカルタでアジア大会が始まる。スポーツでの対日戦となると、異様に興奮するのが韓国の国民性だ。これらの要素が相乗的に作用して、韓国の「反日病」はますます症状が亢進(こうしん=気持ちが高ぶり進むこと)していく可能性が高い。

 旭日旗への反発は、73年前に韓国人が全員、「私は昔から反日だった」に変身したときからあった。だが、中央日報・日本語版で「旭日旗」を検索すると2000年から10年までの11年間に記事は1本しかない。

 11年のサッカー・アジアカップの日本対韓国戦で、MFの奇誠庸(キ・ソンヨン)が猿まねパフォーマンスをして、「観客席で振られていた旭日旗を見てカッとなった」と言い訳したことが種火になった。

 同紙の記事は11年5本、12年14本、13年25本と増えていき、今年8月上旬には「戦犯旗(筆者注=旭日旗のこと)根絶特別企画」と銘打った連載を組んだ。

 背後にいるのは、徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授だ。「韓国広報専門家」というが、実態は“反日屋”だ。エチオピアに送るといってメーカーに提供させた衣類を売り払い詐欺罪で告発された過去もある。

関連ニュース