記事詳細

【大学で学ぼう】横浜国立大学でAI社会の安全性を問う

 横浜国立大学が9月以降に開講する興味深い無料講座を紹介しよう。

 9月19日は「イタリア音楽紀行-キリスト教が育んだ音楽文化-」。イタリアはキリスト教・カトリックの国だが、宗教とオペラやイタリア各地の民謡のような音楽とはどのように関わってきたのか? キリスト教がなぜこれほど広まったのか? その背景にあった音楽とその世俗化、そして民衆の文化へのつながりなど、聖と俗がからみあったイタリアの音楽文化を学ぼう。

 11月2、9、16日は「超スマート社会を支える基礎技術とリスク管理」。昨今話題のAI(人工知能)に象徴される情報・通信技術の発展に牽引(けんいん)された社会の劇的なスマート化(利便性の向上)と、その安全性やリスク管理の問題に関して、同大の専門家が分かりやすく解説する。

 同じく11月2、9、16日は「現代の経済政策と民主主義的決定の再考」。最近、マスコミなどでよくとりあげられる経済学のトピックスの1つに、政治のあり方をも問うものがある。この講座では経済政策と民主主義的決定のあり方について、ゲーム論、財政学、政治学という多様なアプローチから考えていく。

 ■横浜国立大学 産学・地域連携課 地域連携係 〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79の5 FAX045・339・3057。

 ※申し込みは同大ウェブサイトからオンライン申し込み。または、FAX・郵送で。入会金は不要。先着順で定員になり次第締め切り。申込期間などの詳細はホームページを参照。

関連ニュース