記事詳細

【日本を守る】「中国は最大の脅威」と認識したトランプ氏 習氏真っ青の“兵糧攻め”で締め付け (1/2ページ)

★(1)

 ドナルド・トランプ米大統領が、世界を翻弄している。

 6月12日に、シンガポールで行われた「歴史的な」米朝首脳会談で、特異な髪形をした2人が、仲よしを演じた。「水と油」か「鰻と梅干し」のような組み合わせだったのに、トランプ氏は「大成功だった」と、胸を張った。

 その3日後に、トランプ氏は中国を狙い撃ちにして、500億ドル(約5兆5600億円)の中国製品に25%の追加関税をかけることを発表した。中国は、米国と貿易戦争を戦うのは不本意だったが、メンツがある。同額の米国製品に25%の関税をかけて応じた。

 トランプ政権は中国の対応によっては、2000億ドル(約22兆2560億円)分の中国製品の税率を25%に引き上げると警告していたが、8月1日にそうすると発表した。

 この“トランプ砲”に対し、中国の習近平国家主席は真っ青だ。中国が米国から輸入している総額は1500億ドル(約16兆6920億円)しかなく、さらに600億ドル(約6兆6760億円)相当の米国製品に報復関税をかけると発表したものの、米国と対等に渡り合いたくとも、できない。

 習氏が「偉大な中華民族の復興」と叫んでも、これまで中国経済は米国市場から稼ぎ出す黒字によって、支えられてきた。米国に寄生してきたのだ。

 トランプ政権は、中国を「米国にとって、最も重大な脅威」とみている。もはや北朝鮮は、米国にとって最大の脅威ではない。

関連ニュース