記事詳細

4370人のユダヤ難民救済で語り継がれる樋口季一郎陸軍中将

 祖国を護るために身を捧げた多くの軍人たちの生き方は、我々に多くのことを語りかけてくる--。

 第二次世界大戦開戦直前の1938年3月8日、旧ソ連領オトポールにユダヤ難民が押し寄せた。ナチスの迫害を恐れ、ドイツ東部からポーランドを経て、シベリア鉄道で逃げてきたユダヤ人たちだ。

 彼らは満州国への入国を希望したが、満州国は日本とドイツが1936年に結んだ「日独防共協定」を理由に入国ビザの発給を拒否。

 しかし、ハルビン特務機関長であった樋口季一郎は「人道上の問題」として受け入れを独断で決定した。

 「ヒグチ・ルート」によって救済された難民は、現在までに明らかとなった東亜旅行社の資料によると、4370人にものぼる。

 多くのユダヤ人を救った樋口季一郎と部下の安江仙弘はイスラエル建国の功労者の名を刻む「ゴールデンブック」に記載され、その名が語り継がれている。

 建国70周年を迎えた今年6月には、樋口の孫で明治学院大学名誉教授の樋口隆一氏がイスラエルを初訪問した。隆一氏は「祖父、樋口季一郎」と題した講演を行い、「ヒグチ・ルート」で難を逃れたカール・フリードマン氏の息子らと対面した。

 「今回の訪問で祖父の行為はイスラエル建国にとり非常に大きな意味を持っていたと実感し、大きな感動を覚えました」(樋口名誉教授)

 ●取材・構成/浅野修三(HEW)

 ※SAPIO2018年7・8月号

NEWSポストセブン

関連ニュース