記事詳細

【朝日新聞研究】朝日新聞がご立腹「デモ出発地の公園制限」 でも予想できたのでは? (1/2ページ)

★(3)

 朝日新聞6月26日夕刊は、東京都新宿区の区立公園でデモの出発地として認められていた4つの公園が、8月から1つに制限されることになると報じている。見出しには、「デモ出発公園 制限へ」「新宿区がヘイト対策 表現の自由懸念も」とある。

 それによると、新宿区がデモ出発地の公園使用の基準を変更して、許可するのは新宿中央公園だけで、今まで使えた3公園は、使用禁止になるというのである。これに対して、「ヘイトスピーチ問題に詳しい」弁護士や憲法学者に、憲法が保障する集会・表現の自由を侵しかねないと、懸念を表明させている。

 新宿区は同月27日、この使用基準変更を区議会に報告した。翌日の朝刊にも記事があった。

 区の説明によると、基準の変更は同月20日に行われた。学校・教育施設や商店街に近接する公園は禁止対象となり、1カ所になったという。規制の理由として、ヘイトデモ以外に、大人数でシュプレヒコールをあげるデモもあり、住民への迷惑行為も挙げられたという

 朝日新聞は同月30日の社説で、この動きに強く反発している。

 その冒頭は、「短絡的で乱暴な措置に驚き、あきれる。憲法が定める『集会の自由』や『表現の自由』を侵害するおそれが大きい」と、大変なご立腹である。

 そして、結論部分は、「住民の生活環境を整えるのは自治体の大切な役割の一つだ。しかし、議会とも話し合わず、積み重ねられた司法判断も無視して突き進むのは危うい。いったん立ち止まって考え直すよう、新宿区に求める」となっている。

関連ニュース