記事詳細

【大学で学ぼう】申し込み殺到中! 中央大学で裁判員裁判を模擬体験できる講座

★中央大学

 中央大学でこの秋開講する、特に注目すべき講座は次の4つ。

 9月20日からは「こころ躍る文学の世界-文学の旅、心の旅-」(全5回・1万3200円)。世界の名作文学のなかで旅をテーマにした作品をとりあげ、旅のすがた、旅する国々や風土までさまざまな視点で解説する。また、中南米不法移民の旅を描く『列車はこの闇をぬけて』に描かれた、現代の難民の旅についても説明する。

 9月21日からは「再発見!名作映画を彩る名台詞と名曲の世界」(全4回・1万1000円)。どこかで耳にしたことのある名台詞(せりふ)や名曲に着目しつつ、映画作品を概観していく。『風と共に去りぬ』、『お熱いのがお好き』などを予定。

 10月9日からは「テイスティングで楽しむ!!学ぶ!!お酒の魅力-世界のメジャーなワインと日本のお酒-」(全3回・8800円)。系統的な知識を得ることでワインや酒の楽しみは大きく増す。毎回のテーマの酒3~4種類のテイスティングも行う。

 11月10日は「体験型特別講座 模擬裁判員裁判で学ぶ法律学」(全1回・4950円)。市ヶ谷キャンパス内の模擬法廷を利用して、刑事模擬裁判を体験しながら法を学ぶ、申し込み殺到中の話題の講座。

 ■中央大学クレセント・アカデミー事務室 東京都八王子市東中野742の1 (電)042・674・2267 問い合わせ時間は平日9時~17時。

 ※申し込み・資料請求はウェブサイト、電話、FAX042・674・2268で。入会金なし。先着順で受け付け、定員になり次第、締め切り。開催場所などの詳細はホームページを参照。

関連ニュース