記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】東京医大による女子合格抑制の波紋 詐欺で損害賠償の訴え出るか、就職試験なら法律違反に (1/2ページ)

 東京医科大学の入試で女子の合格を抑制していたという。今回の問題は、文部科学省役人の汚職事件の関係で表面化したが、女子の受験生にとってはショックだろう。

 一般的な大学入試のイメージは、学力試験の結果によって裁量の余地なく一発で入学者を決めるというものではないか。こうした一般入試のほか、最近は、アドミッションズ・オフィス(AO)入試や推薦入試という学力以外の試験も多くなっている。

 文科省の国公私立大学入学者選抜実施状況(2017年度)によれば、AO入試の入学者数の比率は国立3・3%、公立2・4%、私立10・7%。推薦入試の入学者数の比率は国立12・2%、公立24・4%、私立40・5%だ。つまり、私立ではすでに学力試験による一般入試は2人に1人なのだ。

 AO入試や推薦入試は、大学が求める基準による選抜である。高校時代の成績も加味されるなど、全て大学側の裁量というわけではないが、それでも一般入試と比べれば裁量の余地はかなりある。

 これらの入試方法は、学力以外の多様な経歴、能力、資質、個性をもつ入学者の選抜を目的とするため、学力試験による一般入試の公平性を過度に求めるのは無理がある。多様な入学者の選抜は公平性とはトレードオフ(二律背反)の関係があるからだ。もっとも、AO入試でも、医学部などでは、大学入試センター試験や大学独自の個別筆記試験を課すこともある。

関連ニュース