記事詳細

日大・田中理事長が謝罪「多くの方々に不安とご迷惑をかけた」 公式HPで、記者会見も検討

 ついに表舞台に現れるのか。日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、田中英寿理事長(71)が3日、公式ホームページ上で謝罪した。後日、記者会見も検討しているという。

 田中氏は「アメリカンフットボールに関わる多くの方々に不安とご迷惑をかけたことを重く受け止め、深く謝罪をいたしたいと思います」とした。日大広報部は記者会見については「改めて発表する」とした。田中氏は5月の悪質タックル問題発覚後、公の場で見解を示していなかった。

 日大の第三者委員会(勝丸充啓委員長)の最終報告書では、大学の組織統治(ガバナンス)の機能不全や事後対応の遅れなどを挙げ、田中氏についても《自ら十分な説明を尽くすべきところ、今なお公式な場に姿を見せず、外部発信も行っておらず、学校法人理事長としての説明責任も果たしていない》と指摘されていた。

関連ニュース