記事詳細

文科省幹部、接待漬けで月300万円! 「おっぱいパブ」報道も

 文科省幹部の恥ずべき「接待漬け」の実態が明らかになってきた。「霞が関ブローカー」と呼ばれる医療コンサルタント会社の元役員が使った飲食接待費が一時、1カ月あたり約300万円にも上っていたという。加えて、幹部がホステスの胸を触ることができる「おっぱいパブ」に興じていたとの報道も飛び出した。もはや「堕落官庁」というほかない。

 関係者によると、ブローカーの谷口浩司容疑者(47)=贈賄容疑で再逮捕=は2012年ごろから、当時、文科省総務課長だった川端和明容疑者(57)=収賄容疑で逮捕=らを接待するようになった。

 前国際統括官の川端容疑者は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の理事に出向した15年8月~17年3月、谷口容疑者から複数回にわたり、約140万円相当の飲食接待を受けた疑いがある。

 谷口容疑者は、川端容疑者の紹介で、受託収賄罪で起訴された前科学技術・学術政策局長の佐野太被告(59)と知り合い、複数の幹部に飲食接待を重ねていた。戸谷一夫事務次官(61)も、同席したことがあるという。

 場所は銀座の高級クラブが多く、1回当たり数十万円を支払うケースもあった。これまでに毎月の平均額が、約300万円に上った時期もあったという。コンサル契約を結ぶなどした企業に負担させた費用は、コンサル費や飲食費、交通費、海外研修費を含めて1億円程度に膨らんだという。

 さらに、川端容疑者は醜態をさらしている。

 2日発売の「週刊新潮」は、司法担当記者の「(川端容疑者が谷口容疑者と顔を出した高級クラブで)時々、ホステスのおっぱいを揉んだりして、それから、『おっパブ』(=おっぱいパブ)に出掛けて行くこともままあった」という衝撃証言を報じている。

関連ニュース