記事詳細

【大学で学ぼう】はじめて短歌を作ってみようという人に フェリス女学院大学の講座「短歌創作を始めよう」

★フェリス女学院大学

 夏季集中講座から古典文学、短歌、合唱、韓国語の講座を紹介しよう。「夏の古典文学-五月雨・蛍・蝉」(全1回・1800円)。夏の風物を題材にした和歌、物語を紹介し、読み解いていく講座。作品は『伊勢物語』『源氏物語』『堀河百首』『新古今和歌集』など。古典文学の世界を読みながら、過ぎ行く夏を惜しんでみては?

 「短歌創作を始めよう」(全2回・4800円)。はじめて短歌を作ってみようという人を対象に、近代現代の短歌作品に触れながら実作し、互いに鑑賞する。小さな日常の出来事でも短歌定型によって表現すると、新しい詩情が生まれる。日本語についての発見がある。今回は“一首における語の順番”について考える。

 「フィール・シュパース~楽しい合唱~」(全3回・1万3200円)。誰もが知っているメロディーを重唱にして歌う。ドイツ語だけではなく、日本語やイタリア語の曲にも触れ、“歌うこと”の楽しさを発見しよう。

 「ニュースで学ぶ韓国語」(全3回・6600円)。韓国の新聞の記事や社説、または雑誌の記事などを読み、講読力や語彙力、表現力を養う。それと同時に背景にある社会、文化的事情を共に考え、勉強することを目的として学ぶ。

 ■フェリス女学院大学 生涯学習課 横浜市泉区緑園4の5の3 (電)045・812・8390。問い合わせ時間は平日9~17時。※申し込みはパンフレット内のはがき、FAX(指定用紙)、生涯学習課窓口、大学のウェブサイトより入力。入会金なし、ただし、受講のある半期に1回、事務手数料500円が必要。原則先着順。締め切り日で講座開講の可否を決定。詳細はウェブサイトで確認。

関連ニュース