記事詳細

【関西の議論】餃子の購入額、堺市が急上昇、全国3位に 宇都宮、浜松に次ぐ理由  (2/4ページ)

 これには、餃子による全国のまちおこしを応援する「全国餃子サミット協議会」(浜松市)の大場豊事務局長(50)も「大阪はどちらかと言えば粉モン文化が中心で、餃子はそこまでメジャーじゃなかったはず。理由は見当もつかない」と首をひねる。

 「もしや集計ミスなのでは…」。そんな失礼な疑念がよぎり、堺市の中心地である南海堺東駅前(堺区)で市民にインタビューしてみると、思わぬ反応が返ってきた。

 「週に1度は餃子を買って帰ります」。こう話すのは、堺区の会社員の女性(70)。「肉と野菜がバランスよく食べられて息子に食べさせるのにちょうどいい」という。堺区の無職の女性(85)は「2週間に一度の月曜は『餃子の日』と決めています。焼くだけで簡単なので、用事で出かけたりしたときに重宝します」。中区の主婦、前田弘美さん(50)も月に2~3度餃子を家で食べるといい、「ビールに合うし、おかずにもなるし最高やね」と笑顔。堺市で餃子がよく食べられているというのは、どうやら本当らしい。

■パーティー?鍋?

 次に向かったのが、堺市で有名な餃子の持ち帰り専門店「龍華山(りゅうかざん)」本店(西区)。平成20年にオープンして以降、ここ2年では2店舗を増やし、現在市内で4店舗を展開している。

関連ニュース