記事詳細

「中国人民解放軍は平和ボケ」軍機関紙が異例の体質批判 (1/2ページ)

 中国人民解放軍機関紙「解放軍報」(7月1日付)は「中国人民解放軍はここ数十年間、戦争を経験していないため、『平和病』にかかっている」と指摘。また、軍幹部の腐敗を挙げて、軍の体質を強く批判する社説を発表した。軍機関紙が社説で、軍そのものを批判するのは極めて異例で、軍最高指導者の習近平・中央軍事委員会主席(国家主席)の意向が強く反映されているのは確実。それほど、習氏が軍の体質を危惧していることが明らかになったといえよう。

 この社説は「政治の自覚を強化し、『平和病』を根治する決心を! 平和ボケを直し戦争の準備に傾注することを論ず」と題するもの。

 社説はまず「『習近平主席は軍隊は戦闘のための部隊である』などと真剣に主張してきた」などとしたうえで、「しかし、問題は我が軍は深刻な平和ボケにかかっている」と述べて、「軍の戦闘能力は標準以下に落ち込んでいる」と指摘している。

 さらに、続けて社説は「このような悪い病気を根治しようとの固い決意をもたなければ、実際に戦争が起きたときに、必ずや高い代価を払わされるであろう」とも強調して、強い危機感を明らかにしている。

 中国軍は日中戦争や国共内戦、その後の朝鮮戦争、インドとの紛争、ソ連軍との衝突、ベトナムとの紛争などを経験しているが、その後は約40年間、実際の戦闘を経験していない。

NEWSポストセブン

関連ニュース