記事詳細

約3カ月で患者50人死亡 元看護師・久保木愛弓容疑者の素性…記者の誘いに笑顔で応じ 旧大口病院事件 (1/2ページ)

 戦後最悪の大量無差別殺人事件に発展するのか。横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で、点滴を受けた入院患者2人が中毒死した事件で、殺人容疑で逮捕された同病院元看護師、久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)は「20人分くらいに消毒液を入れた」と話しているが、事件前の約3カ月間で約50人の患者が死亡している。だが、逮捕前の久保木容疑者は意外な素顔を見せていた。

 捜査関係者によると、久保木容疑者は被害患者の男性=当時(88)=が殺害されたとされる2016年9月18日午後5時開始の夜勤当番だったが、午後3時ごろからの日勤担当との引き継ぎ業務の時間帯に病室に入ったとみられる。男性の容態が急変したのは午後4時50分ごろだった。「担当時間に患者が亡くなると遺族に説明をしなければならないのが嫌だった」と供述している。

 10日付の読売新聞は、久保木容疑者が「薬剤を短時間に体内に取り込ませる医療器具『三方活栓』を使い点滴チューブに消毒液を入れた」と供述したと報じており、担当時間が始まる前に男性を死亡させようとした狙いが見て取れる。NHKは、別の患者が死亡した際に同僚になじられて以来、勤務時間外に死亡させるようになったとの供述を伝えた。

 身勝手な動機が伝わる久保木容疑者だが、約3カ月間で死亡した50人の患者のうち大半の遺体が火葬済みで、今回の連続殺人事件との関連を立証できるかは不透明だという。なにより恐ろしいのは、久保木容疑者が殺害された男性らに対し、今のところ特別な殺意を持っていたという供述が得られていないことだ。

関連ニュース