記事詳細

不明から16日…タイ洞窟から4人救出、残り9人予断許さず 

 タイ北部チェンライ県のタムルアン洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人と男性コーチ計13人について、タイ当局は8日、救出作業に着手し、4人を洞窟の外に脱出させた。4人は県内の病院に搬送された。健康状態は不明。

 行方不明から16日目。救出に地元はひとまず安堵した。ただ少年ら9人が洞窟の中に残されており、全員救出に成功できるかどうかはなお予断を許さない状況だ。

 タイ当局者は8日夜の記者会見で、健康状態の良い少年から優先的に脱出させたと述べ、洞窟内に酸素ボンベを補充するため、作業を一時停止したと発表した。再開は10時間以上後の9日以降になるという。

 当局者らによると、8日の救出活動には、タイ海軍特殊部隊や外国からの潜水士ら約90人が参加した。全長約10キロの洞窟の中ほどに避難している少年ら1人につき2人の潜水士が付き添って救出。全員の脱出については軍当局者は「4日かかることもあり得る」としている。(共同)