記事詳細

改善指導にも「どの口が…」 私大所管の文科省困惑 「通常であれば大学側に報告を求め…」

 私立大支援事業を巡り、受託収賄容疑で文部科学省の前局長が逮捕された事件では、贈賄側の東京医科大で、理事長や学長が入試の不正に関わった疑いが持たれている。私立大への行政指導の権限を持つ文科省が当事者のため、省内には「想定外の事態。不正について改善指導しても世間から『どの口が言ってるんだ』と言われかねない」との困惑が広がる。

 文科省によると、学校法人の運営が不適切な場合は、行政指導の対象となり、補助金カットのペナルティーもある。過去には、理事による業務上横領などが該当したという。

 ある文科省幹部は「通常であれば大学側に報告を求め、改善指導をしなければならないケースだ」とした上で、「大学側と同様に文科省も事件の捜査対象。今すぐには動けず、捜査の行方を見守るしかないのではないか」と首を振った。

関連ニュース