記事詳細

横浜の連続点滴殺人、元看護師が関与認める 殺人容疑で逮捕へ (1/2ページ)

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、神奈川県警は7日、当時病院に勤務していた看護師の女(31)が、同月18日に死亡した入院患者で横浜市青葉区の無職、西川惣蔵さん=当時(88)=を殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で逮捕状を請求する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。事件から2年近くなり、捜査は重大な局面を迎えた。

 捜査関係者によると、県警は7日午前から女の事情聴取を開始。女は西川さんを殺害したことを大筋で認めている。

 県警によると、病院4階に入院していた同市港北区、無職、八巻信雄さん=当時(88)=が16年9月20日未明に死亡。点滴袋の内部に通常は見られない気泡があり、調べた結果、点滴の残りや遺体から界面活性剤の成分が検出された。

 さらに同じ部屋で同18日午後に死亡した同室の西川さんからも界面剤の成分が検出された。

 いずれの成分も4階ナースステーションで使われていた消毒液「ヂアミトール」に含まれるものと同じタイプだった。未使用の点滴袋約50袋のうち10袋前後には、栓のシールに針で刺したような穴が見つかった。

 ■事件直後は否定

 「私は関わっていない」。元看護師の女(31)は事件直後の2016年10月1日、共同通信などの取材に対し、小さな声で関与を繰り返し否定していた。

関連ニュース