記事詳細

麻原元死刑囚の遺骨争奪戦 “殺人教典”の存在判明、報復テロ厳戒 残り6人週明け死刑執行も (1/2ページ)

 不測の事態を引き起こす火種となるのか。一連のオウム真理教事件で、死刑が執行された麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚(63)の遺体の行方が注目されている。死刑囚の遺体は遺族に引き渡すのが通例とされるが、今も麻原元死刑囚に帰依する信者がおり、火葬後の遺骨が「信仰」の対象となり、墓地が「聖地」となる恐れがあるからだ。遺骨をめぐって、遺族を巻き込んだ“争奪戦”を懸念する声もある一方、捜査当局は信者らによる報復への警戒を強める。残る6人の死刑囚については、早ければ週明けにも刑が執行されるとの見方もある。

 「遺骨が信者にとって『崇拝』の対象となることに加え、教祖の遺骨が納められた墓は『聖地』になり得る」

 宗教学者の島田裕巳氏はこう語る。

 6日に麻原元死刑囚ら7人の死刑が執行され、一連の事件は最終局面を迎えたが、オウム真理教は複数の団体に分かれ、今も活動を続ける。後継団体の「アレフ」(信者数約1450人)や、元幹部の上祐史浩代表(55)が設立した「ひかりの輪」(同約150人)、アレフから分裂した50人ほどの集団だ。

 公安調査庁によると、主流派のアレフは近年、麻原元死刑囚への帰依を鮮明にし、立ち入り検査を妨害するなど、当局との対決姿勢を強める。アレフから分裂した集団についても公安庁は、麻原元死刑囚の影響下にあるとみている。

 主流派とたもとを分かつ形で発足したひかりの輪は、麻原元死刑囚との決別を掲げている。だが、公安当局は「表面上関係を否定しつつ、教義に絶対的に帰依するよう説いている」と見る。

関連ニュース