記事詳細

「日本に無慈悲な報復」金正恩氏、お土産没収に激怒 (1/3ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長が、日本政府からの圧力に猛反発している。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は5日、日本にある朝鮮学校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で没収された問題を巡り、「人道主義と国際法を乱暴に蹂躙した許せない野蛮行為、反人倫的悪行である」と非難する論評を掲載した。

 「処刑」巡る動画公開

 この問題は、神戸朝鮮高級学校の生徒62人が6月28日夜、北朝鮮訪問を終えて関西空港に到着した際、約半数の生徒が、北朝鮮の国旗などが描かれた化粧品や薬などの土産品を、税関により「経済制裁により禁止された輸入品」とみなされ、押収されたというもの。

 論評はこれに対し、「総聯と在日同胞に対する日本反動層の卑劣な政治的テロとしつこい迫害策動は、千年来の敵である日本に対するわが人民の憎悪の念と無慈悲な報復の意志だけをさらに固めさせている」として強く反発。この前日には国営の朝鮮中央通信も、「島国チョッパリ」という日本人に対する蔑称まで用いて、激しい非難を行った。

 金正恩氏は北朝鮮のメディア戦略を直接指揮していると見られ、自分の怒りを強くアピールする手法を得意としている。

 (参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

デイリーNKジャパン

関連ニュース