記事詳細

藤井七段「待った」疑いの着手に注意 ネットでも指摘、将棋連盟は「反則でない」

 日本将棋連盟は2日、最年少プロの藤井聡太七段(15)が6月29日の竜王戦で、反則の「待った」を疑われるような着手があったとインターネット上で指摘されたことについて、「反則ではなくマナーの問題なので、師匠(杉本昌隆七段)から本人へ注意すると聞いております」とのコメントを出した。

 インターネット上では「駒から手が離れている感じだった」などとの書き込みがあった。対局後、連盟の常務理事らが映像で確認し、反則ではないと判断した。

 藤井七段は増田康宏六段(20)との対戦で終盤、持ち駒の「桂馬」を指そうとしたが、すぐに戻して「飛車」を着手した。ただ、増田六段からの指摘はなく、対局はそのまま進んで、125手で藤井七段が敗れた。

 「待った」は1度着手して駒から手が離れた後、駒を元に戻したり、指し手を変更したりすることで、反則となる。

 2005年、加藤一二三・九段(78)が「待った」の反則をし、出場停止処分になった例がある。