記事詳細

国民民主党の玉木雄一郎共同代表「反対だけの万年野党にはならない」 立憲民主党を念頭か

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表は1日、宇都宮市での党会合で講演し「政権を担う志を持ち、政策立案や国会論戦に臨んでいきたい。単なる反対だけの万年野党にはならない」と述べた。立憲民主党を念頭に置いた発言とみられる。

 働き方改革関連法の国会審議では、国民民主党が「対決より解決」の立場を示す一方で、立憲民主党は政権への抵抗路線を貫いた経緯がある。

 講演では一連の政権不祥事に対し「安倍晋三首相はおごりと慢心が頂点にまで達している。野党で力を合わせるところは合わせ、権力を乱用する政権を倒したい」と語った。