記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国車の品質は「世界一」のウラ 現代自の対米販売は低迷続き… (1/2ページ)

 韓国の現代(ヒュンダイ)自動車グループの乗用車3車種が、米国の自動車購入者を対象にした新車の品質に関する満足度調査で1~3位を占めた。韓国のマスコミは“大はしゃぎ”だ。

 しかし、韓国の証券会社は、現代自の2018年4~6月期の営業利益を前年同期比32・9%減と予測し、「満足度調査で1~3位」という好材料にもかかわらず、「買い」を勧めていない。何だか、おかしい。

 現代自グループの乗用車(=ブランド名では『ジェネシス』『ヒョンデ』『キア』)が米国の購入者の満足度調査で上位を占めたのは、今回が初めてではない。

 14年の同じ調査でも、ポルシェやジャガーといった高級車種を除く一般ブランドでは、ヒョンデ1位、キア2位だった。15年はキア1位、ヒョンデ2位。

 16年は高級車種も含めた全ブランドの中で、キア1位、ヒョンデ3位になり、中央日報(16年6月24日)は「ベンツ・BMWの品質上回った…格が変わった現代・起亜車」との大見出しを打った(=満足度が品質にすり替わった)。

 17年は現代自の高級バージョンであるジェネシスが1位になった。これを取り上げた中央日報(17年6月23日)社説の見出しは「ポルシェを抜いた現代自と、東芝を買収したSK(=韓国の財閥)に拍手を」。脇道にそれるが、この時点で韓国人の脳内は、SKが東芝を買収したことになっていたとも言える。

 そして、18年の「1~3位独占」だ。韓国経済新聞(18年6月21日)は「『品質経営』の結実」との見出しで、現代自グループの品質改善への取り組み姿勢を絶賛した。朝鮮日報(18年6月22日)も「世界的なブランドに成長した現代自動車」と大いに持ち上げた。