記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】米朝ホットラインの怪 ポンペオ氏訪朝時に盗聴防止の電話システム設置か (1/2ページ)

 注目された米朝首脳電話会談は実現しなかった。

 ドナルド・トランプ米大統領は6月15日夜(米東部時間)、保守系FOXニュースのインタビューで、「父の日」(17日)の予定を問われ、「仕事だ。北朝鮮に電話する」と答えた。

 さらに、トランプ氏は同インタビュー後、ホワイトハウス詰めの記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が直接連絡できるように、12日の米朝首脳会談で自らの電話番号を伝えたことを明らかにした。

 「大統領の電話番号」を教えたということは米朝間にホットラインが開設されたと、ワシントンの外交関係者は受け止めたのである。

 それは、よもやホワトハウスの代表番号(202・456・1414)を通じて交換台につないでもらうということではあるまい。

 「大統領の電話番号」とは何を意味するのか。国際電話回線が通じる大統領執務室の直通番号であってもホットラインと言えない。

 かつて筆者ですら、クリントン政権時代のシークレット・サービス(大統領警護官)責任者の直通番号を持っていた。ちなみに、その番号は変更されて今はつながらない。

 「では、ホットラインとは?」という疑問が浮かぶはずだ。

 その解は、米朝首脳会談に向けた事前協議の責任者を務めたマイク・ポンペオ国務長官の電撃訪朝に求められる。