記事詳細

立憲民主党が「佐川氏偽証」告発検討 与野党へ呼びかけ検討

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は24日、森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり、衆参両院の予算委員会で3月に証人喚問した佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官について、「何点か偽証と認められる点があった。今週中にでも議院証言法に基づく告発を検討したい」と都内で記者団に語った。福山氏は、どの答弁が偽証に当たるかは明らかにしなかった。

 枝野幸男代表も、さいたま市で記者団に「証言と矛盾するような証拠が出ている。告発については遠からず結論を出したい」と述べた。

 告発には国会での議決が必要で、与野党に呼びかける方針という。