記事詳細

【勝負師たちの系譜】勝つのは“貫禄”か“勢い”か… 「羽生棋聖vs豊島八段」は棋界最強対決 (2/2ページ)

 将棋や囲碁など日本の競技では、段位でその人の実力を表すことが多いが、チェスの世界ではレーティングという数値で表している。これはかなり正確に実力を評価していると言われ、数値的には豊島は二冠くらい持っているのが妥当という説もある。

 注目の第1局は豊島が先手で、角換わり腰掛け銀の流行型から後手に攻めさせ、うまく反撃して勝ち切った。

 羽生はこれで他棋戦も入れて、5連敗。ダブルタイトルマッチを共に先行され、やや苦しい展開となっている。

 一方の豊島は、この2日前も王位戦挑戦者決定戦で羽生を破って絶好調。棋聖戦の進行次第では、豊島もダブルタイトルマッチとなる。

 貫禄の羽生か、勢いの豊島か、次局以降が楽しみである。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース