記事詳細

夜遊び正恩氏、トランプ氏は誕生日祝い 米朝首脳会談前夜、ともにリラックス  (1/2ページ)

 米朝首脳会談のためシンガポール入りした北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が11日夜、突然、滞在先のホテルから外出し、名所観光に興じた。歴史的会談の前夜に「余裕と自信」を演出したのか。一方、14日に72歳になるドナルド・トランプ米大統領は、シンガポール側から誕生日の「前祝い」を受け、こちらもリラックスした様子が報じられた。

 人民服姿の正恩氏は11日午後9時(日本時間同10時)過ぎ、側近らを伴って滞在先の市中心部にある「セントレジスホテル」を出た。白バイが先導し、30台以上にわたる車列が物々しい雰囲気を伝えた。

 向かった先は、カジノやリゾートホテル、ショッピングセンターが入る観光名所の複合施設「マリーナベイ・サンズ」。正恩氏は、船の形をしたプールなどを備えたホテル屋上の施設を見学し、同施設に通じる1階入り口で待ち受ける200人以上の報道陣や観光客に、笑顔で手を振って応えた。

 屈強な護衛要員を配置しながら、有名な噴水があるマーライオン公園近くの橋の上も歩き、夜景を堪能した。