記事詳細

トランプ大統領が明言、米朝会談で「拉致問題絶対話し合う」 日米首脳会談 (1/2ページ)

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領による日米首脳会談が7日午後(日本時間8日未明)、ホワイトハウスで行われた。安倍首相は、拉致問題解決の必要性を強調し、トランプ氏は12日の米朝首脳会談で取り上げることを改めて明言した。北朝鮮に対する制裁についても、継続する考えを示した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、「完全非核化」と「拉致問題解決」の履行を強く迫られている。

 「安倍首相は拉致問題について長く、熱心に話した。私は北朝鮮と拉致問題について絶対に議論するだろう。絶対にだ」

 首脳会談後の共同記者会見で、トランプ氏はこう語った。「absolutely(絶対に)」という言葉を2回繰り返したところに、トランプ氏の強い意気込みがうかがえる。

 強固な信頼関係を構築し、今回で7回目となる両首脳の会談は友好的な雰囲気で行われた。冒頭には、トランプ氏が、昨年11月の訪日時に、安倍首相と、プロゴルファーの松山英樹とゴルフを楽しんだ思い出を披露した。

 だが、記者団から「米朝首脳会談では、ゴルフをプレーする機会はあるのか?」という質問が出ると、トランプ氏は「ゴルフをするのは好きだが、『NO』だ」と即答した。

 トランプ氏は「首脳会談は単なる写真撮影以上のものになる」とも述べた。正恩氏との会談ではあくまで、「交渉」に集中する姿勢を明確に示した。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース