記事詳細

急死の“紀州のドン・ファン” 通夜で響いた22歳妻への怒号

 和歌山県で酒類販売業や不動産業などを営む実業家、野崎幸助氏(77)が急逝した件では、遺体から大量の覚醒剤成分が検出され、事件性が取り沙汰されている。警察は、今年2月に結婚したばかりの55歳年下の自称モデル・Sさんにも死亡に至る経緯を聞くなどして、慎重に調べを進めている。

 野崎氏は多くの女性と交際し、交際クラブなどで女性と出会っていることを公言し、「紀州のドン・ファン」の呼び名で知られた。週刊ポストの取材では「(交際クラブの)入会金は100万円です」と語っていた。

 野崎氏が急死したのは5月24日。遺体は解剖されたため、通夜は5日後の29日に執り行われた。通夜に出席した関係者が明かす。

 「(野崎氏の)親族のひとりが怒鳴っていて。『いくらなんでも、おかしいんじゃないか』って。別の親族は『通夜の場でそんなこと言うものじゃない』となだめていましたが、Sさんはヘラヘラ笑っていたんです。

 それを見て先ほどの親族が『挨拶もないんかい』『なんで笑うんや』『死んで嬉しいんかい!』と怒鳴っていました。それを見てもSさんはスマホをいじっていた」

 翌日の葬儀でもスマートフォンをいじる姿が目撃されていたというが、棺に花を入れる時には、周囲の泣き声とともに、Sさんも鼻をすすって目に涙を浮かべていたという。

 55歳年上の夫の死に、何を思っていたのだろうか。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース