記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】銃剣格闘も可能な日本人向け銃器「64式小銃」 陸海空自に配備された戦後初の国産自動小銃 (1/2ページ)

 陸海空自衛隊に配備された戦後初の国産自動小銃が「64式7・62ミリ小銃」だ。後に、海上保安庁や警察庁にも配備されている。製造中止までの間、トータル23万丁も生産された。

 1950年に警察予備隊が発足すると、個人携行用小銃として、米軍のM1カービンと日本軍の九九式短小銃が配備された。第2次世界大戦で使用されたものだ。そこで、57年から新小銃の開発が行われる。

 海外の自動小銃などを参考にし、国産化の道を目指した。戦中に数々の銃器を開発してきた陸軍中将、南部麒次郎(きじろう)が設立した南部銃製造所をルーツに持つ豊和工業が製造した。

 64式小銃は、銃身と銃床が一直線となったフォルムが特徴だ。日本人の体形に合わせて開発されたというが、重量は4・3キロもあり、同時期に開発された他国の小銃とあまり変わらない。銃口付近には折り畳み式の脚がある。伏せ撃ちの際は、2つの脚を立て、銃を支えることで、重さのハンディを克服した。

 使用する銃弾のサイズは、当時スタンダードだった7・62ミリNATO弾に合わせた。弾倉には20発装填(そうてん)できる。

 パーツ点数が多く、整備には専用の工具も必要で、分解結合に苦労した隊員も多かった。

 銃口部分に長さ41センチ、刃渡り29センチの銃剣を取り付けられる。敵と近接した場面で、銃を剣として使用するためだ。こうした戦いを銃剣格闘と呼び、武道の1つと教育している。

 さらに、狙撃用スコープこと「64式照準眼鏡」や、夜間でも狙いを定められる暗視装置「75式照準用微光暗視装置II型」などを小銃本体の上にセットできる。

zakzakの最新情報を受け取ろう