記事詳細

【緊迫する世界】米朝首脳会談「決裂」なら日本へ核攻撃も 「合意・和解」でも半島は大変動 (1/2ページ)

★(1)

 1カ月を切ったドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談(6月12日)に向け、両国間で熾烈(しれつ)な駆け引きが行われている。

 北朝鮮は先週、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が提唱する大量破壊兵器廃棄の「リビア方式」(=短期間で大量破壊兵器を国外搬出し、完全廃棄後に経済制裁を緩和する)に猛反発し、会談破棄かと思われた。

 ところが、トランプ氏は17日(米国時間)、「われわれが北朝鮮について考えるとき『リビア方式』はモデルとはしない」と語った。米朝の心理戦、裏交渉のジェットコースター状況が続く。

 米国は、北朝鮮に対し「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)をギリギリまで降ろさないだろう。最後は、次の5つの方法のいずれかが「落とし所」となるのではないか。

 第1は、段階的な核開発能力の削減と、経済制裁の緩和をバーターで進める「イラン方式」だ。

 第2は、経済制裁の強化と国際社会からの孤立を進め、自発的に完全廃棄させる「南アフリカ方式」。

 第3は、関係国からの体制保証を取り付け、バーターで核兵器を撤去する「ウクライナ方式」。

 第4は、軍事攻撃により核兵器を除去する「イラク方式」。

 第5が、ボルトン氏が言及した「リビア方式」である。

 リビアの独裁者、カダフィ大佐は後に反体制派に殺害されている。北朝鮮が体制保証のカギである「核兵器」を、やすやすと手放すとは思えない。そこで、北朝鮮は「イラン方式」を主張する。すなわち段階的に核を手放すが、その都度、経済的見返りを求めるやり方である。

zakzakの最新情報を受け取ろう