記事詳細

正恩氏、“死に神”ボルトン氏におびえ? 韓国・文大統領を操り米懐柔か… 米朝会談中止示唆の裏 (2/2ページ)

 北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官は16日に出した談話で、「われわれは、すでにボルトンがどんな者であるのかを明白にしたことがあり、今も彼に対する拒否感を隠さない」と主張した。

 「従北」の文氏の言動に注意するだけでなく、北朝鮮の意向を代弁して世論を誘導しようとする「従北・売国メディア」の報道にも警戒すべきだ。

関連ニュース