記事詳細

「列車にひかせるため線路に遺体置いた」と供述 事故装うためか 新潟女児殺害

 新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄などの容疑で逮捕された会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)が「列車にひかせるため線路に遺体を置いた」と供述していることが分かった。新潟西署捜査本部は、発覚を免れるため事故を装ったとみている。小林容疑者は犯行前日の6日まで9連休をとっており、大型連休中に犯行を計画した可能性もある。

 小林容疑者は下校中の大桃さんを連れ去り、首を絞めて殺害後、車で遺体を遺棄現場まで運んだとみられる。遺棄現場は小林容疑者宅から約70メートルだった。

 小林容疑者は事件当日の7日は会社を無断欠勤。会社関係者が自宅に電話をすると、親族は出社していると思い込んでいた様子だったという。

 小林容疑者は逮捕後、車を運転中に大桃さんをはね、パニックになって車に連れ込んで首を絞めた-と供述。大桃さんの名前も「遺体を捨てた後にニュースを見て知った」と話したが、捜査本部は連休中に計画を練っていた可能性もあるとみている。

zakzakの最新情報を受け取ろう