記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】中国の役割は米朝の“通訳”か 大連での電撃首脳会談のウラ (2/2ページ)

 朝鮮半島の非核化という視点でみれば米中間にはほとんど齟齬(そご)はない。あるとすればアメリカが北朝鮮を挑発して朝鮮半島が不測の事態に陥るというシナリオに対してのみであった。

 事実、中国は昨年、米韓合同軍事演習のどさくさのなかでアメリカがTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)を韓国に配備するという、中国を大いに刺激する行動に出たときにも、この問題での協力を取りやめることはなかった。

 中国のこうした対米政策での態度は北朝鮮も当然知っていると考えるべきだろう。

 では、いったい何のための対中急接近なのか。

 この点、私はズバリ中国に“通訳”させる意図が大きな目的なのではないかと考えている。

 もちろん言葉の問題ではない。

 大連の会談の直後には、ポンペオ国務長官が再び訪朝して北朝鮮に拘束されていた3人の米国人を連れて帰るというニュースが世界を駆け巡った。

 そんな密な米朝間で中国が入り込む余地があるのだろうか。

 おそらく中国に求められている役割は、今後、北朝鮮がアメリカに対して切るカードについて、それを過小評価しないための説明である可能性が高い。

 背後には北朝鮮がこの会談をかなりの好機ととらえていることがある。

 ■富坂聰(とみさか・さとし) 拓殖大学海外事情研究所教授。1964年生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てジャーナリストとして活動。中国の政・官・財界に豊富な人脈を持つ。『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)など著書多数。近著に『中国は腹の底で日本をどう思っているのか』(PHP新書)。

zakzakの最新情報を受け取ろう