記事詳細

【日本を守る】米朝の偶発的軍事衝突も…現憲法では国民を守れず  (1/2ページ)

★(4)

 私は米朝首脳会談が行われないか、物別れに終わっても、米国がすぐ北朝鮮に軍事攻撃を加えることは、まずないと思う。すると、ここしばらく、手に汗を握るような朝鮮半島危機が、続いていくことになる。

 日本としては「平和の惰眠」を貪(むさぼ)ることから目覚めて、ミサイル迎撃システムを強化し、敵基地を攻撃する能力を整備して、鬼の居ぬ間に大急ぎで(日本の)洗濯に励むべきである。

 ドナルド・トランプ米大統領は「北朝鮮が、弾道ミサイルの発射実験をするか、核実験を行ったら、軍事攻撃を加える」と脅しながら、北朝鮮に対して海上封鎖を行うことになろう。かつて、1962年のキューバ・ミサイル危機に当たって、ケネディ政権がキューバに対して海上封鎖を断行して、成功した前例があるから、米国民は喝采しよう。

 そうなると、米国と北朝鮮の間で、偶発的な軍事衝突が起こる可能性が高まろう。

 米国はその場合、日本に相当な被害が生じても、北朝鮮に全面攻撃を加えることになる。日本という肉を斬らせて、北朝鮮という骨を断つのだ。

 1年ほど前に、ペンタゴン(米国防総省)のアドバイザーが来日したとき、私の事務所を訪れて、「われわれが北朝鮮を攻撃すれば、金正恩(キム・ジョンウン)政権はメンツにかけて、必ず韓国、日本に攻撃を加えよう。日本に飛来する第1波のミサイルをすべて迎撃して破壊することはできないから、日本は耐えてもらうほかない。しかし、第2波は決して撃たせないから安心してほしい」といった。

zakzakの最新情報を受け取ろう