記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】悪だくみがうまいだけのお役人、でもテレ朝上司もヒドいで セクハラ問題で財務次官辞任 (1/2ページ)

 いっやあ…財務省のお役人サマってホンマ、記憶力のないアホばっかやったんや。あいつらゼニ勘定と悪だくみがうまいだけのただの“スケベ”やん。

 財務省も社会保険庁もセクハラやろうが、偽証やろうが、職務怠慢やろうが、いったんヘタ打ったからには、退職金も没収もんやで。お役人は必死に抵抗しよるやろうが、安倍晋三首相も人気回復のカンフル剤として、不良官僚厳罰化をやったれよ。ここまで来たらもはや財務省を解体するしかないで。

 セクハラ被害の女性記者もそこまでやったら納得してくれるで…ってちょっと待ったれ…今回の被害女性はテレビ朝日の女性記者やろ。あの前次官に関しては何の同情の余地はないが、被害女性の悲痛な訴えを握りつぶしたテレビ朝日の上司もヒドいで。

 他のテレビ局も、プロ野球では野球のルールもロクに知らんけど、お嬢様大学出たハクいねえちゃんらをリポーターや番記者と称して高額年俸選手に“体当たり取材”させ、玉の輿(こし)に乗っとるやん。

 「ワタシが栄養・健康管理したげる」やの「アメリカへ行ったら通訳やってあげる」「球団とのギャラ交渉もまかしとき」などと色気丸出しで言い寄られたら、野球しか知らんけど、体力・精力・ゼニ持て余しとる1億円プレーヤーもイチコロや。

 現に某人気球団の現監督と自局の女子アナがデキていることを知ったテレビ局幹部が「よくやった」とお褒めのコメントを出したのは有名な話やで。

zakzakの最新情報を受け取ろう