記事詳細

【日本を守る】米朝首脳会談「蚊帳の外」の日本 軍事的役割果たせなければプレーヤーになり得ない (1/2ページ)

★(1)

 米南部フロリダ州にあるドナルド・トランプ大統領の別荘「マールアラーゴ」に、安倍晋三首相が乗り込んで17、18日(米国時間)、日米首脳会談が行われた。このニュースに日本全国が一喜一憂していた。

 これまで、日本の新聞やテレビは、安倍首相とトランプ氏との「緊密な関係」を強調してきたが、そうなのだろうか?

 トランプ氏は就任1年3カ月目に入ったが、世界のリーダーで安倍首相ほど会った回数が多い首脳はいない。トランプ氏が大統領選で勝利した直後、安倍首相は真っ先にニューヨークのトランプタワーに駆け付けた。首脳会談としては6回目で、20回ほど電話で話し合っている。

 だが、昨年11月にトランプ氏が訪日したときを最後に、「2人の『蜜月時代』は終わった」と言わねばならない。

 トランプ氏は3月8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談すると発表して、世界を驚かせた。日本にとって朝鮮半島危機は死活問題であり、日本は米国のアジアにおける最も重要なパートナーだが、日本と事前に協議することがなかった。

 3月末、トランプ氏は、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動した。カナダやメキシコ、欧州連合(EU)、韓国などは輸入制限の対象外となったが、日本は適用対象となった。

 トランプ氏が昨年まで、安倍首相を“師”のように扱ったのは、自分が「外交のシロウト」であり、ベテランの安倍首相から学ぶことが多かったからだった。

zakzakの最新情報を受け取ろう