記事詳細

【勝負師たちの系譜】夢かなえた2人の元奨励会員 退会後に試験で直接プロ棋士に (1/2ページ)

 現役棋士で奨励会からでなく、試験で直接プロになった棋士が2人いる。瀬川晶司五段と、今泉健司四段である。

 2人とも元奨励会員で、三段リーグを戦ったが26歳までに四段になれず、一旦奨励会を去った。

 瀬川はそれから大学に行き、NECの関連会社に入った。しかしアマとなって全国大会に出場し、優勝者に与えられるプロ棋戦の出場で、抜群の成績を挙げた。特に銀河戦では予選を抜け、本戦のベスト8まで進んだのである。

 当時はプロに復帰する制度はなく、本人も「優勝したらプロになれないかな」という程度だったと聞く。

 しかしプロに17勝6敗の成績を見て、棋士の中にも応援団が大勢現れた。そして当時の日本将棋連盟の米長邦雄会長は、瀬川アマにプロと6局指し、3勝3敗ならフリークラスの四段になれるという、プロ編入試験を行うことを決断したのだった。

 瀬川は初戦の佐藤天彦三段(当時、現名人)に敗れたものの、後は第5戦までに3勝し、奨励会退会後10年で、プロ入りを果たした。

 これをきっかけに、年齢に関係なくプロ入りできる制度ができた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース