記事詳細

“ネコのバス”で保護猫の譲渡会 神戸市中央区「ネスカフェ三宮」前にニャンと登場

 ペットケアカンパニーのネスレ ピュリナ ペットケアは14、15の両日、神戸市中央区の「ネスカフェ三宮」前でマイクロバス(通称:ネコのバス)を活用した、保護猫の譲渡会を行った。

 これまでも猫の殺処分ゼロを目指した活動に取り組んでいたが、認知率が低く「問題を解決するには、保護猫と身近に出会える環境が大事だと思いました」(同社)と“ネコのバス”による都市部での譲渡会実施に至ったという。

 譲渡会は猫のストレスに配慮して行われ、対面時間は1回20分で最大6人、9枠限定で実施。当日の譲渡は行わず、面談、2週間のトライアルを経て正式譲渡される。

 参加者の女性は「保護猫に興味があったので、良いことだと思います。(里親になることで)助かる子がいれば」と訴えた。同社は今後も街中を中心に“ネコのバス”を展開する予定だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう