記事詳細

【日本の元気】“お役に立てない”スマート・スピーカー 気温は「0度」!? (1/2ページ)

 AI(人工知能)への関心が大きくなり、この言葉を目にしない日はない。そのAI機能を持つスマート・スピーカーが話題だ(「スマート」は「賢い」の意味)。スピーカーに話しかけるだけで求める情報を教えてくれるというそれを、昨年のクリスマスに家族がプレゼントしてくれた。直径10センチの丸形のAIスピーカー「Google Home Mini」(税込み6480円)だ。

 機能は上位モデル(同1万5120円)と同じで、「あらゆる生活シーンをサポート」が謳い文句。わずか6000円台で、話しかけるだけで答えを教えてくれるAIマシンが手にできるとは何とすごいことか。もっとも、その仕掛けは、無線LANでネット接続し、ネット情報を拾ってくるだけのことなのだが。早速、あれこれ話しかけてみた。

 Q:NHKニュースを聞きたい。

 A:最新のニュースです。

 と、ニュースが流れ始めた。NHKのネットラジオ「らじるらじる」のようだ。だが、すでに30分前に最新のニュースが放送されているのに、流れてきたのは3時間半前の古いニュースだった。これは、まずい。そこで、以下の質問をしてみた。

 Q:Google Homeは役に立ちますか?

 A:すみません、お役に立てそうにありません。

 Q:Google Homeは役に立たないんですか?

 A:お役に立てず残念です。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう