記事詳細

【桂春蝶の蝶々発止。】思慮が足りない“クレーマー”リベラル、たたくためなら何でもあり (1/2ページ)

 森友学園問題で、安倍晋三政権は大揺れしました。ただ、「ポスト安倍」の名前が、自民党から出てくることはあっても、野党サイドから出てくることって、まったくないですよね?

 ここに、いまの政治の本当の問題があると、私は思っているんです。

 普通、これだけ連日報じられたら、政権交代のムードが出てくるもんでしょ。そんな雰囲気、何にもありませんものね。

 よほど、民主党政権時代のトラウマが有権者にあるのだと思います。

 さて、今回の核心は、財務省による決裁文書改竄(かいざん)という犯罪行為にあります。

 野党や一部メディアは「安倍首相側が、前学園理事長の籠池泰典被告側のため、国有地を8億円も値下げさせた」という疑惑を持っていた。

 だが、佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問でも、安倍首相夫妻の関与は一切出てこなかった。そういう結果になったら、真相解明のために、財務省に矛先を向けるべきでしょう?

 しかし、一部の世論は、しつこく安倍首相夫妻の関与を疑って、「推定有罪」の魔女狩りを求めているのです。

 この問題は、財務省が今後どうあるべきかに直結する。真相解明は、大阪地検特捜部などの第三者に任せるべきですよ。それより、国会は北朝鮮問題です。これに特化すべきではないですかね?

 優先順位の筆頭が「倒閣」である人々は、平和ボケ過ぎるんですよ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース