記事詳細

不倫疑惑の山尾氏&倉持氏、また雑誌に登場 倉持氏元妻の“告発”には答えず

 不倫疑惑の渦中にある立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)と政策顧問の倉持麟太郎弁護士(35)が3日発売の「週刊SPA!」にそろって登場した。憲法改正論議などを中心に5ページにわたって語っているが、倉持氏の元妻による告発などの疑惑については答えていない。

 2人は昨年12月にも女性誌で対談しているが、今回は2人の支援者として知られる漫画家の小林よしのり氏(64)の新連載「ゴーマニズム宣言」内で、3人の座談会という形式がとられた。

 座談会では、改憲論議を中心に山尾、倉持両氏が持論を展開。昨年9月に週刊文春に報じられた不倫疑惑については、山尾氏が《これ以上は言う必要がないと自分の姿勢をはっきり打ち出したうえで》、翌10月の衆院選を戦ったとし、《当選したことの責任はとても重い》などと述べるにとどめている。

 先月には山尾氏との関係を受けて離婚し、長男の親権を手放した倉持氏の元妻、A子さん(34)が文春への手記や夕刊フジの取材で悲痛な叫びを上げているが、2人の耳に届いているのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース