記事詳細

佐川氏の証人喚問、元財務官僚・高橋洋一氏が解説「確実な範囲で安全運転の答弁」

 参院予算委員会は27日午前、森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題をめぐり、佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問を行った。

 佐川氏の証人喚問について、元財務官僚で嘉悦大教授の高橋洋一氏は「刑事訴追の話があるので答弁を差し控えた部分を除けば安全運転だった。一連の経緯について確実な範囲で話しているという印象を受けた」と話した。

 高橋氏は「佐川氏が大臣官房や事務次官などに相談していたのかどうかに注目していたが、普通の個別案件として理財局内で処理していたと明言した。実際のところ、国有地の取引は現場の話なので、大臣官房など本省が相談を受けても分からなかっただろう」と指摘する。

 佐川氏は加えて首相官邸や首相夫人、政治家などの関与もないと明言した。

 「省内の官房の調整もないし、官邸、秘書官も指示していないということを偽証罪の覚悟を問われる場で話した。一連の経緯について勉強したということも話しており、正直にしゃべっているのではないか」と高橋氏。

 「野党が佐川氏の証言を突き崩すには、新たな証拠がないと難しいだろう。野党は去年の国会で追及したやり取りをなぞっているだけといった印象をぬぐえない」

 具体的な改竄の経緯について佐川氏は、刑事訴追の恐れがあるということで答弁を拒否する場面が目立った。

 高橋氏は「実態解明の場は大阪地検特捜部の捜査に移るのではないか」との見解を示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース