記事詳細

財務省、部下が恐れる上司「恐竜番付」 佐川氏は「東前頭4枚目」

 佐川宣寿氏(60)は今月9日に国税庁長官を辞めるまで、主に税務のプロとして財務省の要職を歴任し、出世街道を歩み続けた。有能な仕事ぶりが評価される半面、部下が恐れる上司を選ぶ怪文書に名を連ねるなど、「部下への指示や物言いが厳しい」(同省関係者)ことでも知られていた。

 東大を卒業し、1982年に大蔵省(現財務省)に入省。後に自民党の政治家に転じる片山さつき氏、現事務次官の福田淳一氏、元国税庁長官の迫田英典氏らが同期に名を連ねる中、関税局、理財局の2つの局長ポストを経て2017年7月に国税庁長官に昇進した。

 予算編成を担う主計局で主計官、税制を立案する主税局では法人税や消費税の担当課長を歴任し、大阪国税局長や国税庁次長といった徴税部門の幹部も務めた。

 金融機関が次々と経営破綻した1997年前後の厳しい局面では、優秀な若手や中堅が集められた銀行局に在籍。その後、広報室長や、塩川正十郎財務相時代には秘書官も経験している。

 財務省では、部下が恐れる上司について、入省各期から2、3人を選んだ「恐竜番付」と呼ばれる怪文書が出回ることがあるが、佐川氏は2005年版で「東前頭4枚目」に名前が書かれていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう