記事詳細

【大学で学ぼう】セルフ・コントロールの仕方とは? 同志社大学講座

★同志社大学

 「同志社講座2018春学期」では、興味深いテーマで講座を開催。各回3000円で、毎回時間は18時30分~20時。

 6月20日は「セルフ・コントロールの心理学-誘惑に打ち克つために-」。誘惑に打ち克って自分の行動を適切にコントロールできるかどうかは、意志の強さによって決まるものではない。人間の行動には一定の法則性があることが明らかにされている。行動の法則を調べる基礎的な研究から、実際にセルフ・コントロールを高める工夫などを学ぶことができる。

 7月13日は「新島、良心って脳にあるんだってよ-脳科学による良心発見物語-」。良心はどのようにしたら見えるようになるのか、脳の機能をどのようにして見ることができるようになったのか、良心の欠落したサイコパスが示す脳における良心の在りか、良心を人為的に増やすことが可能なのか? などを解説する。

 8月2日は「山室軍平の思想と生涯-新島襄の福祉思想と『良心』の系譜-」。“同志社の良心”といわれ、廃娼運動などを通して社会的に排除され、差別された人々の問題に正面から立ち向かった山室軍平の生涯と、その思想をとりあげる。また、“日本の福祉の父”といわれる、新島襄の福祉思想と、良心の関係を議論していく。

 ■同志社大学 東京サテライト・キャンパス 東京都中央区京橋2の7の19 京橋イーストビル3階 (電)03・6228・7260。問い合わせ時間は月~金の9~17時。

 ※申し込みは同志社東京HUBサイトの申し込みフォームを利用。入会金なし。定員になり次第、締め切り。詳細は同志社大学ホームページの同志社講座を参照。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう