記事詳細

女子高生ユーチューバー、ハチ公前“フリーおっぱい”の顛末「有名になりたかった」

 路上で大胆不敵な行動だ。東京都渋谷区のハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、通行人に胸を触らせたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は12日、東京都迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、私立高1年の女子生徒(16)=千葉県船橋市=と公立高3年の男子生徒(18)=神奈川県相模原市=を書類送検した。

 また、胸を触る動画を撮影したとして、同条例違反幇助(ほうじょ)の容疑で、映像制作会社社員の男性(23)を書類送検した。

 女子生徒は1月28日、網タイツに黒いバニーガールのコスチュームで、通行人に「おっぱい触り放題」などと呼びかけ約20人の男女に胸を触らせたなどした疑い。

 いつもと違う人だかりができていることを不審に思った渋谷署員が駆けつけ犯行が発覚したという。衣装や企画は生徒2人が考えたという。

 2人はそれぞれ動画サイトに投稿する「ユーチューバー」。音楽イベントを通じて知り合い、共通の趣味から交友していた。“お騒がせ”系の動画撮影は初めてだったが、「注目を集めて有名になりたかった」「再生回数を増やして広告料収入を得たかった」などと説明しているという。実際に撮影された動画はネット上にはアップされていないという。

 今回の事件とは別に、昨年には「フリーおっぱい」と書かれたボードを持った女性が「世界は平和! おっぱいは世界を救う」と叫び、60人近くの通行人に胸を触らせる動画が騒ぎになった。当事者がアップした動画は削除されたが、別の人が転載した動画が拡散されている。いずれも触られ損だったようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース