記事詳細

北への圧力維持、安保理に要請か マクマスター米大統領補佐官

 マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は12日、北朝鮮情勢を巡り、国連安全保障理事会メンバー国の国連大使らとニューヨークで会合を開いた。米朝首脳会談の実施方針を含め、最新情勢を説明し、安保理制裁による圧力は当面維持するべきだとの見解などを伝えたとみられる。

 安保理外交筋によると、会合は米国連代表部で開かれ、非公開だった。これに先立ちマクマスター氏は国連本部を訪れ、グテレス事務総長と会談。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長からの要請を受け、トランプ大統領が会談する意向であることなどを説明したとみられる。

 北朝鮮による核・ミサイル開発の強行を受け、安保理は常任理事国である米国の主導で、北朝鮮に対する制裁を徐々に強化してきた。日米などからは、年明け以降の北朝鮮の融和姿勢を受けて安保理内で過度の楽観論が広がっているとして、警戒する声も出ている。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう