記事詳細

石垣市長選、現職・中山氏勝利 陸自配備計画が加速へ 「反基地」手法に限界

 任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が11日投開票され、政府・与党が支援した現職の中山義隆氏が3選を果たした。石垣市に属する尖閣諸島周辺では、中国の公船や軍用機による挑発行為が繰り返されている。中山氏の勝利で、政府が南西諸島防衛の一環として進めている陸上自衛隊配備計画は加速する見通しとなった。

 一方、翁長雄志知事を中心とする「オール沖縄」勢は2月の名護市長選に続く敗北となった。「反基地」で市民感情をあおる手法に限界も見え始めている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう