記事詳細

北朝鮮、平昌五輪の閉会式にも代表団…団長は工作機関トップ歴任

 北朝鮮は22日午前、韓国に対して南北高位級会談の北朝鮮団長名義の通知文を送り、平昌冬季五輪の閉会式(25日)に出席するため、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長を団長とする高位級代表団を25~27日に派遣すると伝えた。同日、統一省が明らかにした。

 金英哲氏は、工作活動も含め対南政策を統括する党統一戦線部長を兼務しているほか、破壊活動も行う工作機関・偵察総局長も歴任した。2010年には、韓国海軍の哨戒艦「天安」撃沈事件を主導したとも言われ、訪韓を巡り韓国の保守派から反発が起きるのは確実と見られる。

 高位級代表団は同氏のほか、団員の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長と随行員6人からなる。

 統一省は「北の高官代表団の閉会式参加は、南北関係の改善と非核化を含む朝鮮半島の平和定着を進展させていく契機をつくることに役立つ」として、訪韓を受け入れる方針を示している。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース