記事詳細

韓国は南北関係改善の『主役』と勘違い「外交センスなし」 元国連制裁パネル委員・古川勝久氏インタビュー (1/2ページ)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪を舞台に北朝鮮にやみくもに歩み寄る韓国に対し、専門家が苦言を呈した。国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委員で、朝鮮半島情勢に詳しい古川勝久氏(51)は、日米との連携を崩しかねない文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交姿勢を「センスがない」「勘違いしている」と突き放す。

 朝鮮日報(日本語版)は1月30日、女子アイスホッケーの南北合同チーム結成について文大統領が、「南北関係を改善し、平和五輪のためにも良いことだと考えていたが、選手たちの立場を前もって十分に推し量ることができなかった」と述べたと報じた。

 五輪直前になって南北融和路線に突き進んだ文政権に対する国内外の視線は厳しい。

 著書に『北朝鮮 核の資金源 「国連捜査」秘録』(新潮社)があり、韓国についても幅広い人脈や知見を持つ古川氏は、韓国の外交センスには2つの問題点があると疑義を呈する。

 1つ目の問題は、韓国が自らを問題解決の主役だと思い込んでいることだという。

 「韓国は勘違いしている。自分たちで核・ミサイル問題を解決するといっているが、できるのは米国と北朝鮮だけで、韓国はあくまでも脇役だ。脇役という自覚を持ち続けることが大事だが、韓国、特に文政権はどうも自分たちが主役で解決するんだというニュアンスが捨てきれないようだ」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース