記事詳細

「日本は意地悪」北メディア

 北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、安倍政権を非難する論評を配信した。現在、北朝鮮と韓国が進めている南北対話に対して慎重な見方を示している日本政府に対して反発した形だ。

 論評は、河野太郎外相、菅義偉内閣官房長官、小野寺五典防衛相らを「安倍一味」としながら、「北南間の和解の局面が始まった初期から対話のための対話になってはいけない」「最大の圧迫を加えて北朝鮮の政策を変えるという既存政策には変わりがあってはならない」などと主張したことに言及した。

 また、安倍晋三首相が欧州を訪問した際に、「『北朝鮮が欧州全体を威嚇』するという荒唐無稽なほらを吹き、われわれのイメージをダウンさせる意地悪な言動をこととした」と指摘した。

 さらに、「朝鮮民族が和解し、団結することを警戒しながらわが民族の内部に反目と不和を生じさせて漁夫の利を得てみようとするのは島国一族の体質的な悪習である」と述べた。

 つづけて、「われわれに対する圧迫騒動に熱を上げる日本の意地悪い下心は明白である」とし、「北南関係が改善され、朝鮮半島に平和の機運が漂えばしつこく追求してきた『集団的自衛権』の行使、憲法改悪の口実を失うようになり、海外膨張の野望が水泡に帰しかねないからである」と指摘した。

 その上で、「日本は、他国の祝いの膳に灰をまき散らそうと意地悪く振る舞うほど、過去の希世の罪悪に千秋に許せない罪悪を上塗りにし、わが民族の反日感情をさらに爆発させるだけだということを知るべきである」と忠告した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース